薬はからだや精神のさまざまな異常を止めてくれる便利なアイテムです。海外旅行の際も、旅行先で体調を崩してしまったら、せっかくの旅行の楽しみが半減する上、慣れない土地な分、危険ですから、医薬品を持っていくことになると思います。単純な風邪薬はもちろん、ケガをしたときの応急手当用品や、乗り物酔いをしたときの酔い止め、トイレが近くにないときの下痢止めなど、旅行先で活躍してくれる医薬品はたくさんあります。

海外旅行の荷物はできるだけ増やしたくない……というのも納得な話ですが、必要だと思う医薬品は複数回分用意しておきましょう。旅行先でいざというときに役立ってくれますからね。また、日本人には日本国の医薬品が体質的に合っていますから、日本製のものを持っていきましょう。荷物が増えるから、体調を崩したときは現地の薬を使えばいいという考えもわかりますが、けっこう海外のものは日本人に効きにくいことが多いのです。

また、下痢止めと書きましたが、トイレが近くにある場合は、下痢止めを飲む前にまず下痢を出し切っておきましょう。その間は整腸剤を飲んでおくのがいいと思います。せっかく悪いものを出そうとしているのに、止めてしまっては意味がありませんからね。

    Copyright(C) 渡航者必見!海外旅行で必要なこと All Rights Reserved.