お金を持ち歩く

お金を持ち歩く

海外旅行を計画する際、気になることはどれくらいの額のお金を持ち歩くかです。何かと必要になるときが来るだろうから、たくさん持っていればいいのか、必要になったときに引き出せばいいし、たくさんお金を持ち歩くのは危険だから、小額でいいのか……中々考えると難しい問題ですよね。意外と、旅行中にどれくらいのお金を持っておくべきかというのは、個人のスタイルに依存するところが多く、一概に決めることはできません。そのため、自分が最善だと思う額を持っているのが一番でしょう。

アメリカなどのチップの文化が盛んな国の場合は、小銭を多く持っておくのがマナーですね。必ずチップを渡さなければならないというわけではありませんが、郷に入っては郷に従えというか、その国の文化にならうのが海外旅行の礼儀でしょう。そのため、旅行先がチップの文化が盛んな国ならば、現金の金額の大きさよりも、小銭の多さが重要になってきます。

基本的には、日本におけるのと同じように、あまり多すぎる金額を持ち歩かないほうがいいと思います。現金は使いきれる程度の額を持ち歩き、余った場合は、土産品に使って調整するといいかもしれませんね。外国では日本よりも犯罪が多い分、お金を守る意識を強める必要があります。

    Copyright(C) 渡航者必見!海外旅行で必要なこと All Rights Reserved.